私がダイエットを行うとしたら運動療法だっ!

私がダイエットを行うとしたら、運動療法ですね。運動といいましてもジムなどには通いません。めんどくさくなりますからね。なのでわたしはジョギングをチョイスします。
一日一回30分から45分ほどのジョギングを行います。これは朝晩でもかまいませんが、ごはんの前に行います。ごはんの後に行うと、ダイエットの効果はありませんからね。
さてなぜこのようなダイエットを行うかを選んだかというと、単純に運動は気分がよくなるからです。運動はうつ病予防にもとても効果的なので、ダイエットもさることながらうつ予防目的でも行います。
過去に食べ物制限を行っていたことがあるのですが、これはいけません。苦しくて続きません。苦しいのはやはり続きませんね。 運動療法は昔からある、最もベーシックなダイエット方法なので、効果は間違いなくありますね。なぜなら運動療法は実際に行っていたからです。
昔、80kgほどありまして、2年間ほどジョギングを行っていたところ、なんと15kgの減量に成功いたしました。あまりはやく痩せすぎても問題なので、ごはんはしっかり食べていましたよ。一か月0.5kgほどの減量がいいですね。
さて中年世代の大問題といえば、中性脂肪やコレステロール値ですが、中性脂肪は間違いなく低下しますよ。これは測定してもらいましたから。具体的な数字は忘れてしまいましたが、目にみえて低下していました。
ダイエットして見た目もすっきりして健康にもなれると思えばちょっとの努力くらいは楽なもんではないでしょうか?

by.さく

いい感じに痩せるには?炭水化物を減らす?

適切な運動と、食事を常に心掛けます。食事は炭水化物をできるだけ摂取しないようにして、野菜を多めに取ります。カロリーは1500kcalを目指して行います。食べるものは、ささみや納豆、豆腐にセロリなど、タンパク質と食物繊維が比較的豊富なものを選びます。
運動はまずストレッチから始め、体が脂肪を燃焼しやすくしてから、軽いランニングや水泳などの有酸素運動を心掛けます。運動の量は多くしても長続きしないと考えるので、毎日30分~1時間を目標に設定します。運動の内容によって、楽なものなら1時間くらい、運動量の多いものなら30分くらい、というふうに時間を配分します。
この方法を選んだのは、以前テレビ番組にて紹介されていて、効果が期待できると思ったからです。食事も運動も無理なく行うことができて、持続すると考えます。この方法でダイエットをしっかりと行っていけば、確実に痩せると考えます。なぜかというと、食生活も運動も今までしっかりと管理を行っていなかったからです。
太った人間にはそれなりの生活習慣的要因が絶対に存在すると考えるので、実際のところここまで食事制限や運動を行っていなくても、成人男性の適正カロリー摂取だけを考えれば、以前よりも生活が少し正されるのでダイエット効果はあるはずと考えています。
中性脂肪やコレステロール値も、食生活の改善にて下げることが可能と考えています。DHAやEPAなどの成分が豊富に含まれる青魚を食事の中心とすれば、これは確実と考えます。それでも効果が得られなければ、サプリメントを使用することで数値を下げることができると考えます。痩せるサプリでダイエット ※私が痩せたサプリはこれ!

痩せるのに運動を始める前の心得・・・

食事制限だけで痩せたらリバウンドしまくって結局余計太ったとか、その時は痩せてても徐々に何年もかけて巨漢になるとかを聞くと怖くてできないですよねー。食事制限とプラス運動もしておくとそこまでリバウンドもしないそうですけど。
メタボ対策を考える上でどうしても食事の改善を先行して考えてしまう傾向にありますが、それで体脂肪が減少したとしても、無理に食事を減らしている生活を続けているとストレスが蓄積されるようになり、途中で我慢の限界からリバウンドしてしまう場合はストレスによるホルモンバランスの乱れから太りやすい体になってしまうことがあります。
そのため、食事だけにメタボ対策を頼るのではなく、生活習慣の改善も同時進行で進めたいところですが、その中でも特に重要な要素となってくるのが運動不足の改善で、適度な運動は内臓にたくさんついてしまった脂肪を燃焼してくれるだけでなく、美容や健康に対しても一定の効果を発揮すると言われています。
運動不足と食生活の乱れと言うのが現代人のメタボになる原因で多くを占めているのですが、あまり元々運動が好きではないという人にとっては、嫌いなことに対してわざわざ時間を作って嫌いないことをするわけですが、嫌いなことをしても長時間続きません。
途中で挫折したことでストレスが溜まるということも考えられるので、メタボ対策のためと思った運動がかえってメタボの原因になってしまわないようにも、運動を始める場合は負担が無い運動を始めることが大切です。
また、してみたい運動をするというのも続きやすくなっているので、運動を始める場合は好きな運動か負担がなく続けられる運動に絞って選んでいくと長続きしやすくなります。
デブなので腰痛があり(痩せてて腰痛の方はスイマセン)家でぶら下がり健康器でぶらぶらーってして、腕の筋肉も鍛えようかと思ったけど腰痛にはあまり良くないこともあるそうです。人それぞれだけで巨漢の場合は位置で負荷がかかるので、病院とかで牽引治療と同じようにならないそうです。

ストレス解消が大切。メタボ体質にならないために

メタボ対策を考える上でストレスや不安症など心因的な要因が重なって内臓脂肪がたくさん付いている場合があるので、この場合は根本的な原因を改善しないことには体質改善につなげることが難しいのが難点です。
メタボとストレスには深い関連性があるわけですが、これは太る過程で理由が分かる場合が多く、特にメタボ対策の一環である検診が義務付けられているのが40歳を超えてからですが、この年齢というと会社では責任の大きな仕事を担うようになり、仕事の面では成熟段階に入る一方で、かかるストレスはかなり大きなものになります。
いわゆる中間管理職と呼ばれる人が多いわけですが、上司の意見を聞かないといけないことに加えて部下の要望や相談にも対応することが必要となるため、かなり精神的にかかる負担は大きくなることが予想されます。
また、ストレスを溜めると食べ過ぎることによって太ってしまうという直接的な原因もあるのですが、ストレスの作用によって分泌されるホルモンが脂肪を蓄積しやすく働くというのも理由となっており、単にストレスを溜めて食べる量が増えてから太るという単純な話しではなく、意外と見た目はたくさん食べそうでも小食の人はたくさんいます。
この場合のメタボ対策は人によってストレス解消方法というのは変わってくるので、人によった対応ということになってくるかとは思いますが、基本的に自然に触れるというのはリフレッシュ効果が強いと言われているので、まずは自然に身を置いてゆっくりする時間を作ってみてはいかがでしょうか。